投稿日:

買取を依頼する時DVDのコンディションはとても重要

DVDの買取を依頼する時にはDVDのコンディションについて考えておく必要が出てきます。元々の買取価格が高いDVDであれば、コンディション次第で大きく左右されることになりますし、買取価格が低いDVDであればコンディション次第で買い取ってもらえないということも十分にあり得ます。買取を依頼する時にはコンディションを重視しなければいけないということです。

どういうコンディションが考慮されるのか?

DVDのコンディションは買取価格を大きく左右するものになりますので、自分たちでできるのであればコンディションを上げるようにしなければいけません。特に再生に問題があるDVDの場合は金銭的な価値がつかないということにもなりかねません。

例えば、DVDディスクのキズや汚れと言ったものやケースのキズや汚れ、ブックレットのキズや汚れ、破れなど、特典付DVDにおける付属品が欠けていることなどはきちんとチェックされるコンディションの一例です。DVDの状態が良いものが一番高く買取ってくれますので、購入した時からコンディションに気を付けるべきです。

落とせる汚れは自分たちできちんと拭き取ろう

ディスクが汚れている場合にはメガネ拭きなどの柔らかい布を使って内側から外側に向けて拭き取りましょう。ケースが汚れている場合は消しゴムでこすったり、柔らかい布を少し水にぬらしてこすったりするといいでしょう。ただし、柔らかい布を使うからと言ってあまりこすりすぎないようにします。

DVDのコンディションは買取価格を左右する

DVDにおけるコンディションというのは何よりも買取価格を左右するものですので、きちんと綺麗にしておくようにしましょう。綺麗にする過程で自分たちで落とせる汚れについてはあらかじめ落としておくといいです。

関連する記事