投稿日:

輸入DVDであっても買い取ってもらえるのか?

DVD買取をお願いしようと思った時に輸入DVDは対応してくれるのかどうか気になるところではないでしょうか。欧米などで上映される映画というのは日本よりもいち早く封切りされているということもあり、DVDについてもいち早く販売していることが多いです。ここでは輸入DVDであっても買い取ってもらえるのかどうかについて解説していきます。

正規品なら輸入DVDでもOKなことが多い

輸入DVDで気になるポイントと言えば、海賊版ではないかということですが、海賊版や不正品、違法DVDについては当然ながら買取ってもらえないわけです。海外できちんと正規品として販売されている者であれば十分に買い取ってもらえますのでそこのところは安心してください。

買取価格は日本版よりも下がる傾向にある

肝心の買取価格に関して言えば、輸入DVDはどうしても日本版に比べて下がる傾向があります。やはり日本国内で流通させることを目的としていますので、日本語字幕が無いともなると販売がしにくいことがあるでしょう。ただし、限定品や特別版になると輸入DVDであっても高額買取が可能なケースが十分にあり得ます。

輸入DVDはそれだけでなく、日本のDVDプレイヤーでは再生できない可能性があります。DVDには本来リージョンコードがあって、日本とは異なるリージョンコードを日本製のDVDプレイヤーが読み取ることができない可能性が高いです。そのため、中古でも販売しにくいという側面があります。

輸入DVDでも買取は可能だが、価格は落ちる可能性が高い

何らかの理由で輸入DVDを手に入れたとしても、買取を依頼することは可能ですが、日本語字幕の無さやリージョンコードの問題のために買取価格については下がる可能性が高いと言ってもいいでしょう。

関連する記事