投稿日:

高く売れるDVDは希少価値が高いもの

自分の持っていたDVDを売りたいということであれば、ゴミ屑同然になるよりは高額で買い取ってもらいという風に思うのではないでしょうか。高額で買い取ってもらうためにはDVDの価値が高いものでなければいけません。どういうものが正直言って高く買取ってもらえるのでしょうか。

希少価値が高いものが一番高く売れる

どういうDVDが高く売れるのかというと希少価値が高いものが一番売れると言っていいはずです。希少価値が高いものというのは別に売れているものかどうかによって決まるものではありません。

どういうものが希少価値が高いのかというと、初回限定版や限定配布版、コンプリート版などになります。普通版に比べるとこれらのバージョンというのは当然数が少ないですので、高く売れる傾向にあります。

新品のほうが高く買取ってもらいやすい

プレミア価格がついているようなDVD以外ということになると、発売してからまだ日が経っていないようなDVDについてはまだ欲しいと思っている人が多いでしょうから、高く買取ってもらいやすい傾向があります。新しいもののほうが高値が付きやすいのは当然のことで、時間が経てば経つほど需要は下がりますので、だんだん高値が付きにくいです。ただし、古いものでも貴重なもので数が出回っていないものは相場以上の価格で買い取ってもらえることもあります。

高く買取ってもらいやすいDVDは時によって変わる

高く売れるDVDというのはその時々によって変わります。それはその時々の新品のものや希少価値が高いものということになります。そういうものがあれば高く売れる可能性がありますので、そういうDVDがあれば買取を依頼すればいいでしょう。

投稿日:

輸入DVDであっても買い取ってもらえるのか?

DVD買取をお願いしようと思った時に輸入DVDは対応してくれるのかどうか気になるところではないでしょうか。欧米などで上映される映画というのは日本よりもいち早く封切りされているということもあり、DVDについてもいち早く販売していることが多いです。ここでは輸入DVDであっても買い取ってもらえるのかどうかについて解説していきます。

正規品なら輸入DVDでもOKなことが多い

輸入DVDで気になるポイントと言えば、海賊版ではないかということですが、海賊版や不正品、違法DVDについては当然ながら買取ってもらえないわけです。海外できちんと正規品として販売されている者であれば十分に買い取ってもらえますのでそこのところは安心してください。

買取価格は日本版よりも下がる傾向にある

肝心の買取価格に関して言えば、輸入DVDはどうしても日本版に比べて下がる傾向があります。やはり日本国内で流通させることを目的としていますので、日本語字幕が無いともなると販売がしにくいことがあるでしょう。ただし、限定品や特別版になると輸入DVDであっても高額買取が可能なケースが十分にあり得ます。

輸入DVDはそれだけでなく、日本のDVDプレイヤーでは再生できない可能性があります。DVDには本来リージョンコードがあって、日本とは異なるリージョンコードを日本製のDVDプレイヤーが読み取ることができない可能性が高いです。そのため、中古でも販売しにくいという側面があります。

輸入DVDでも買取は可能だが、価格は落ちる可能性が高い

何らかの理由で輸入DVDを手に入れたとしても、買取を依頼することは可能ですが、日本語字幕の無さやリージョンコードの問題のために買取価格については下がる可能性が高いと言ってもいいでしょう。

投稿日:

買取を依頼する時DVDのコンディションはとても重要

DVDの買取を依頼する時にはDVDのコンディションについて考えておく必要が出てきます。元々の買取価格が高いDVDであれば、コンディション次第で大きく左右されることになりますし、買取価格が低いDVDであればコンディション次第で買い取ってもらえないということも十分にあり得ます。買取を依頼する時にはコンディションを重視しなければいけないということです。

どういうコンディションが考慮されるのか?

DVDのコンディションは買取価格を大きく左右するものになりますので、自分たちでできるのであればコンディションを上げるようにしなければいけません。特に再生に問題があるDVDの場合は金銭的な価値がつかないということにもなりかねません。

例えば、DVDディスクのキズや汚れと言ったものやケースのキズや汚れ、ブックレットのキズや汚れ、破れなど、特典付DVDにおける付属品が欠けていることなどはきちんとチェックされるコンディションの一例です。DVDの状態が良いものが一番高く買取ってくれますので、購入した時からコンディションに気を付けるべきです。

落とせる汚れは自分たちできちんと拭き取ろう

ディスクが汚れている場合にはメガネ拭きなどの柔らかい布を使って内側から外側に向けて拭き取りましょう。ケースが汚れている場合は消しゴムでこすったり、柔らかい布を少し水にぬらしてこすったりするといいでしょう。ただし、柔らかい布を使うからと言ってあまりこすりすぎないようにします。

DVDのコンディションは買取価格を左右する

DVDにおけるコンディションというのは何よりも買取価格を左右するものですので、きちんと綺麗にしておくようにしましょう。綺麗にする過程で自分たちで落とせる汚れについてはあらかじめ落としておくといいです。

投稿日:

同じDVDでも店舗によって買取価格が異なることは往々にしてある

DVD買取を依頼する時には買取価格が高額であればいいなあという風に思うはずです。高額な買取価格を目指しているということであれば、複数の店舗に対してアクセスをしてみて比較して見るというk十がどうしても欠かせません。同じDVD商品であっても店舗が変われば価格差があるということも往々にして起きていますので、店舗選びという点が重要になってきます。

買取を依頼する店舗をしっかりと決める

同じDVDであっても売る店が違えば、在庫状況などによって全然買取価格が違います。特に高額買取が期待できるDVDほど金額差が大きくなっていますので、店舗選びをしっかりとしてほしいものです。店舗選びで重要なのは自分が持っているDVDが高額買取ができるかどうかでしょう。

一番後悔するパターンは別の店であれば高額買取ができたというパターンです。気が付いたときにはもう買取が実現していたわけですので、どうしても後悔してしまいます。売る店舗を間違えてしまいますと、損をしてしまうということにもなりかねませんので、複数店舗を当たってみるのが一番いいです。

すべてのDVD商品を一番高く買取ってくれる店舗は無い

店舗ごとに在庫状況や得意ジャンルが異なりますので、すべてのDVD商品において高く買取ってくれる店舗は存在しないと心得てください。一般的にはジャンルごとに高く買取ってくれる店舗が違うわけですので、きちんと店舗を選ぶということが何よりも大事です。

店舗選びをしっかりとする

同じDVDを取り扱っていたとしても、在庫状況や得意ジャンル、販売方法などが異なるために店舗によって買取価格が異なります。買取価格が異なるならば店舗選びをしっかりとしないといけないです。

投稿日:

ブルーレイの方が高額買取につながりやすい傾向にある

DVD買取において考えなければいけないこととして通常のDVDとブルーレイを分ける必要があるということです。ブルーレイはDVDの後継版とされるもので、画質や音質が高いということで人気がありますが、日本においてブルーレイディスクの普及率がそれほど高くないということです。実際ブルーレイは通常のDVDに比べて高額買取につながるのでしょうか。

画質や音質にこだわる作品の場合は高額買取につながりやすい

通常のDVDよりも画質や音質に優れているということもあって、ブルーレイは高額買取につながりやすいということが言われています。その理由として通常のDVDに比べて価格が高いということに加えて、高画質や高音質が際立つ作品が重宝されるからです。最近の映像技術の向上もあって、最新のブルーレイ作品については買取価格が上がりやすいという側面もあるでしょう。

ブルーレイだからと言ってもきれいにしておく必要はある

ブルーレイの買取の注意点については通常のDVDと同様のことが言えます。ディスクやケースの状態についてはできる限り綺麗にしておくことが求められ、ほこりをかぶっているものについてはきれいにふき取っておきましょう。

特典や付属品がある物についてはきれいに取っておきましょう。付属品が足りないともなると一気に減額されますので、そこのところはしっかりと保管することが求められます。いらなくなったものは早く売ることで高額買取につながってきます。

ブルーレイは高額買取につながりやすい

画質や音質にこだわる層がいるのであれば、そういうものを満たす作品については高額買取につながりやすいです。ブルーレイにおいても保存状態の良さというのが更なる高額買取のカギとなります。